鉄道全線完乗への道

日本の鉄道全線完乗を目指している、完全無欠の鉄高校生、OBA3のブログです。鉄道の話題を中心とした日記などを、皆さんに楽しんでもらえるよう頑張って作っていきたいと思います。・・・時折闇に染まりますが

末期色増殖中(登場が確認できたものから載せていきます)
廣島 115系 105系 117系 115系平面顔 123系
和歌山 105系
京都 113系
北陸 475系
七尾線 415系
気動車 キハ40系

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)|

≫ EDIT

サボりの代償?

こんにちは、宿題奮闘中のOBA3です。
え?…予定の日がだいぶずれて5月になってしまいましたが…。
SLやまぐち、境線、奥出雲おろち号乗車が決定しました!
いや、指定席が無事取れたの方が正しいですな…。
このまま学校の予定変更がなければ行くことになります。ただ、現地の観光はちょっと難しいかもしれません…。
行程は以前報告した通りです。

さてさて、いつも愚痴愚痴で見てくださっている方々もうんざりだと思いますが、ノートを探していたらこんなものを見つけました。

「勝者と敗者の見分け方」

去年の峯山さんの講演でもらったものです。
内容は…

『勝者は言う。「見つけよう」
敗者は言う。「誰も知らないさ」

勝者は勝利へと導く「幸運」を信じる。たとえそれが幸運でなくても。
敗者は敗北へと向かう「不運」を避難する。たとえそれが不運でなくても。

勝者は「イエス」と「ノー」をいかに、いつ言うべきかを知っている。
敗者は「はい、でも…」「ことによると…」と言うべきでない時に不当な理由でそれを言うのである。

勝者は負けることをあまり恐れないが、敗者はひそかに勝つことを恐れている。

勝者は敗者より一生懸命に長い時間をかけて練習する。
敗者は「忙しすぎて」必要なことができないと言うものだ。

勝者は問題を克服する。
敗者は問題を避けて通り、決してそれを通り抜けようとはしない。

勝者はすることを約束し敗者はしないことを約束する。

勝者は謝るべきことをそれを償うことで示す。
敗者は「すみません」と言っては、また同じことを次の時にもしてしまう。

勝者は何に対して戦うべきか、そして何に妥協すべきかを知っている。
敗者は妥協すべきでないことに妥協し、戦う価値のないことと戦う。

勝者は言う。「私は優秀だが、私が到達すべき目標にはまだ達していない。」
敗者は言う。「私は他の多くの人たちほど悪くない。」

勝者は耳を傾ける。
敗者は自分の話す順番が来るのを待つだけである。

勝者は好かれるというよりはむしろ賞賛される。たとえ彼がその両方を好んだとしても。
敗者は賞賛されるというよりも好まれる。そして、好まれることを少し軽蔑しさえする。

勝者は紳士であるために十分なほど強いものである。
敗者は決して紳士ではない。弱くなったり、少し暴虐的になったりを繰り返す。

勝者は自分より優れている人を尊敬し、その人から何かを学ぼうと努力する。
敗者は自分より優れている人をひどく嫌がり、その人のよろいの裂け目を見つけようとする。

勝者は言う。「物事をするにはよりよい方法があるはずだ。」
敗者は言う。「これがここでいつも行われてきた方法だ。」

勝者は歩調を整えて歩く。
敗者には二つの歩調しかない。ヒステリックな歩調と無気力な歩調である。』



これによれば今の僕は明らかに敗者です。

このままではよくない。これだけはわかります。
自分にできることを少しでも見つけようと努力しようと思います。

皆さんは勝者ですか?敗者ですか?

では。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:46 | comments:4

| PAGE-SELECT |

にほんブログ村 鉄道ブログ 学生鉄道ファンへ
2ちゃんねる から子供たちを守ろう!









IMG_1041.jpg

ベスト進学ネット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。