鉄道全線完乗への道

日本の鉄道全線完乗を目指している、完全無欠の鉄高校生、OBA3のブログです。鉄道の話題を中心とした日記などを、皆さんに楽しんでもらえるよう頑張って作っていきたいと思います。・・・時折闇に染まりますが

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

末期色増殖中(登場が確認できたものから載せていきます)
廣島 115系 105系 117系 115系平面顔 123系
和歌山 105系
京都 113系
北陸 475系
七尾線 415系
気動車 キハ40系

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)|

≫ EDIT

人生とは何のためにあるのか

こんばんは。
徹夜英文和訳に奮闘中です。
期限はあと4時間。こんな地獄はありません。なにせ文の単語が全くと言っていいほど読めないので…。それで辞書使用禁止。英文法35点の僕が本文の文脈で意味を想像するなんてできるわけありません。
先程はあまりの苛立ちにペットボトルを天井に投げつけたり腕時計を布団に叩きつけたりしていました。
そんなこんなで親に喝を入れられ、果てしなく絶望しています。
「息抜きができなければやってられない」
これが僕のいつものお決まりセリフですが、事実叶いませんでした。
では叶わせるためにはどうすればいいんでしょうか?
一見簡単なことです。
・先生に確実な休みを聞く
・期末考査と進研模試で休みなしに勉強し続け、確実に点を獲る、なおかつクラス平均が高い
・文化祭の準備を極端に頑張る
このどれかが達成できれば大丈夫なわけです。
しかし僕は心に関する全てが弱いです。
壁にぶち当たれば今の自分で壊せない壁なら自らの力によらない手段で壊したり、ぼーっと動くのを待っていたり、壁のすきまを探したり、後戻りしたり…。
一体何をしているのか…自分のためにも誰のためにもならない。
そして自分の意志が全く通らなければ全てを投げ出す。
そんな僕にこの3つのどれも解決できるわけがありません。
少なくとも世の中の方々よりは頑張れていないでしょう。たとえ僕がいくら頑張ったつもりでも。
ぱっと思いつく例を挙げてみれば
kitariaさんは部活で毎日10時帰宅なのに勉強も両立している。
s.r.kentoさんは休日に6時間勉強し、平日はブログの更新も止めている。
対して僕は?
家に帰ったらパソコンをつける。3時間ほどダラダラ使い勉強をする。しかし時刻が時刻なので宿題を必死にやるだけにとどまる。こんなんで「息抜きしないとやってられない」とほざいているのです。
自分を見直すと殺意すら芽生えるうざさでした。大して努力もしないのに、欲求が満たされなければ愚痴を家でも、ネットでも漏らす。
人間として最低ですね
こんな僕に遠征に行く資格なんてありませんし、鉄道を語る資格すらないかもしれませんね。
この徹夜はそんな自らへの制裁だと思っています。せいぜい寝ないように頑張ってみたいと思います。
行きたくても行けない人がいる。そんな中で行けないことに社会への反感を覚えている馬鹿な自分がいる。行けないのが普通。行けることが恵まれていること。今の僕に本当は鉄旅に行く資格はないかもしれない。しかし今の僕は乗り鉄を生きがいにしています。こんな僕が一生後悔しなきゃいけないことができるのは人間的な価値が低い以上仕方ないです。
よって本来の目的からあえて大きく反らした「金曜深夜に家を出発、MLながらで翌朝に東京圏に到着し、水没寸前の吾妻線や信越線横川でも訪問、ML信州で白馬に移動し大糸線に乗車。そして北陸路を枝線に立ち寄りつつ南下する(まだ仮ですが)」こんな計画を考えています。
「自分を捨ててある程度で無理矢理自己満足させる」
これが皮肉ですが社会では必要なんでしょう。非情ですが受け入れるしかないですし、他の方々も受け入れているはずです。

以上、寝ぼけているので筋の通っていない訳のわからない内容になってしまったと思いますが、とりあえず今の自分には欲求を満たす資格がないので、代わりにおおもとのの意志と大きく違うことをしようと考えている次第です。批判も多いとは思いますが、発想を少しでも転換して頑張れるならそれに越したことはありません。今の「仕方ない妥協」を「歓迎」に変えられるだけのラインに達するかどうか。

現代社会での生活はそんなものも必要になってくるんでしょう。
つまらない世の中ですが、仕方ないんでしょう。

いっそのことこの世に生まれていなかったら楽だったかもしれないですね。

あ?…目の焦点が合わなくなってきた…

まじで乱文長々と失礼しました。
では。

今日は応援依頼は自粛します。
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:58 | comments:6

COMMENT

高校っていろいろと大変ですね。田舎の高校は、学力も低くて楽なんでしょうけど、都会はそんなに楽ではないでしょうね。だから、OBA3さんみたいに都会でいろいろな事を乗り越えるように頑張っていたら、ストレスも溜まって愚痴とかも書きたくなりますよ。だから、旅がしたくなるのもよく分かります。
学園祭とかは、準備はめんどくさいし大変だけどきっと終わってからの達成感とかはすごく大きいものだと思うので頑張って下さい。

| ひっくん | 2009/06/13 15:32 | URL | ≫ EDIT

ひっくんさん

>田舎の高校は…
いえいえ、田舎でも部活が活発だったりすればそれはそれで大変なものですよ(多分)
>ストレスも溜まって…
その通りですよw
やっぱり休憩程度に行かないと…ねぇ?
とりあえず遠征は完全に消えたわけではないので、まだなんとか希望はありそうです。
>学園祭とかは…
めんどくさいですよねorz
達成感もまあまああるとは思いますが、僕自身どうせ壊すものだし時間対効果は明らかに悪いような気がしてなりません-w-

| OBA3 | 2009/06/13 16:37 | URL | ≫ EDIT

小学生の頃は暇な時間が有り余るほどだったのに・・・
その時間を取り返すことができたらなぁ
と、思うようになってきました。
勉強をして、終わったら寝るまでの少しの間だけパソコンをしたり、時刻表を見たりできる。そんな感じです。生活の中心が遊びから勉強に変わってきました。
「僕たちは勉強をするために生れてきたんじゃない」
そう思うとかなりの苦痛です

遊んでばかりがいいんじゃない
勉強ばかりがいいんじゃない

大切なのはバランスですかね?

適度に自分の時間を持ち、適度に勉強をする。
そうすると、ストレスもたまりませんよね?

でも、そんなことはなかなかできませんよね。
だから、いらいらすることがあっても、逃げないように。
今を耐えれば、きっと将来何かの形で返ってくることでしょう。

何十年とある人生の中で、少しくらいは勉強ばかりの年があっても仕方のないことだと思います。

長々と失礼しました。




| s.r.kento | 2009/06/13 16:56 | URL |

s.r.kentoさん

>小学校のときは…
当時は時間があっても自由に行動する権利がありませんでした。校則で「子供だけで学区外に出てはいけない」というふざけたものがあり(学区が住宅街なので、ろくな店がないんです。まあ無視してましたけどw)、行動の自由もかなり限定されていました。
「一人で京都」すら認められませんでした-w-
>「僕たちは勉強をするために生まれてきたんじゃ…
まったくその通りです…と言いたいところなのですが、今の現代社会では10代においてそうするために生まれてきたのかのしれませんね。
思えば成人まであと5年。7年後には家を出て自分で給料をもらい、生活を立てていかねばなりません。
経済面と鉄道の両立の面から生涯独身も考えているところではありますが、やはりこの「両立」同様おっしゃるようにバランスがとても重要だと思います。
遊んでばかりじゃ知識的な常識がなくなる。
勉強ばかりじゃ社会的な常識がなくなる。
その結果生まれたのが新幹線でとことん騒ぎ倒す僕のいた中学の連中のような奴です。
人間は「自由」「時間」「お金」「体力」
この4つの要素が全て満たされるのが人間の最大の望みでしょう。
しかし小学生以下のうちは時間があっても自由とお金がない。中学生になれば自由とお金が多少得られても時間がそこそこ減る。高校生になれば自由やお金がさらに増えても時間がほとんどなくなる。大学生になれば満たされはしないもののそれなりなラインで平均的になる、そして社会人だとお金はあるが時間がない。定年退職後は自由も時間もお金もあるが、体力がなくなる。
一番総計的に高い数値になるのが大学ということでしょう。
国立大学はいったいどれだけ勉強しなきゃいけないのか想像できませんが、やっぱりある程度の息抜きは大切なんでしょう。それもまだ受験生じゃないのに…
1年中勉強の年は受験の年だけで十分だと思います。しかし今の社会ではそれが許されない。非情なものですorz
努力も将来に必ず直結するとは限りませんしorz

| OBA3 | 2009/06/13 17:18 | URL | ≫ EDIT

大変ですなぁ・・・

こんにちは。

私の高校時代の気楽さからすると、想像を絶するような苦労をされていますね・・・大変ですな。
いくら勉学が身についても、体を壊してしまったら何にもなりません。健康に留意してがんばってください。
人によって差異はあると思うのですが、私の場合は高校時代に学んだことが仕事で大きく役立つことになりました。今の苦労がいつか“報われた”と思える日が来ることを祈っております。

社会に出ると、旅行に出ようと思ってもいろいろな面で制約がかかるので、やはり計画面で妥協せねばならないことはよくありますね。まあ、妥協というと響きが悪いので“改善”と言い換えていますが。「今置かれた環境で最善のコースは何か」それを考えて時刻表をめくる日々です。
私の学生時代は、資金がなかったことから旅行に行きたくても行けず、夏休みは時刻表をめくるだけの寂しい日々。近場をめぐるのがせめてもの慰めでした。
それが可能になったのは、自分で資金を稼ぎ出せるようになった就職後。当然、職場には夏休みのような“長期休暇”はないですし、制約も多いのですが、遠出できるようになった“解放感”はそれ以上で、「いかにして短い期間内に行程を詰め込むか」が一種の楽しみになりました。
このような経緯から、妥協を強いられるようなことがあっても「自分を捨ててある程度で無理矢理自己満足させる」のではなく、「自分を生かすための最善の策」だと思うようにしております。
逆にそうした制約がかかることで、時刻表を見る目がより鋭敏になったというか、よりシビアな計画でも立てられるようになりました。
制約がかかることで、きっとOBA3様も磨かれていきますよ・・・。勉強の面でも、鉄道(旅行計画)の面でも。
大変とは思いますが、くじけずに前を向いて進んでくださいね。

乱文失礼しました。

| LM | 2009/06/14 13:33 | URL |

LMさん

>私の高校時代の…
そうですか…orz
宿題が難しすぎるとやっぱり終わらないもんなんですよ、ハイorz
高校で勉強したことの多くが将来役立つならある程度奮起できるんですが、どうなんでしょうね…・w・;
>社会に出ると…
親にも同じことを言われました-w-;
何事も考え方ということですね。
今日はやや余裕があったので、LMさんの言葉を意識しながら遠征の(行けたときの)計画を立ててみました。
今の僕が遠出できるのはただ運がいいだけということですね-w-
精一杯、どちらも両立できるよう頑張っていきたいと思います^^

| OBA3 | 2009/06/15 00:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

にほんブログ村 鉄道ブログ 学生鉄道ファンへ
2ちゃんねる から子供たちを守ろう!









IMG_1041.jpg

ベスト進学ネット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。