鉄道全線完乗への道

日本の鉄道全線完乗を目指している、完全無欠の鉄高校生、OBA3のブログです。鉄道の話題を中心とした日記などを、皆さんに楽しんでもらえるよう頑張って作っていきたいと思います。・・・時折闇に染まりますが

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

末期色増殖中(登場が確認できたものから載せていきます)
廣島 115系 105系 117系 115系平面顔 123系
和歌山 105系
京都 113系
北陸 475系
七尾線 415系
気動車 キハ40系

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)|

≫ EDIT

餘部鉄橋を訪れました

昨日と今日の2日間で、餘部鉄橋を訪れる旅をしてきました。
え?、この橋は有名な橋なので、知ってること前提で書きますので、ご了承ください。
知らないやつは、こんなブログ見てるひまあるんだし、調べろや。
ちなみに、この旅では記念に駅スタンプを集めました。
まず、南草津を6時51分に出発する快速に乗り、ほどなくして石山で新快速に乗換。
そこからそれでひたすら姫路を目指す。三ノ宮までは通勤ラッシュ真っ只中で、大阪まで立ってやっと座れました。
その後、電車の速度が妙に落ちる。前の貨物列車が遅れているからこの列車も遅れているんだそう。
1本早い電車に乗ったから余裕があるとはいえ、予定通りの電車に乗ってたら早速予定台無しだったと思うと、恐ろしいです。
結局だいぶ挽回したので(さすが新快速)姫路でスタンプを押し、余裕をもって普通播州赤穂行きに乗換え、相生を目指す。ただ、想定外なことにこの列車がすごい混雑。うざい、うざすぎる!!そして30分ほど満員電車に揺られ、相生に到着。すぐに正面の普通岡山行きに乗換。案の定凄まじい席取り合戦が巻き起こりました。スタンプは無視(当然)。そして、ここからは過去1度も乗ったことのない未知の領域。
混んでいる115系電車に揺られ、岡山へ。途中しばらく、いかにも田園風景と田舎の駅って感じの駅が続く(そう言っていいのかは分かりませんが)。東岡山を過ぎると、岡山市街に入ったのか、家やビルが増えてくる。
そしてほどなくして岡山に到着。ここでは、普段大阪近郊では見ない特急などの列車がわんさか来るので、夢中になって撮影を続けていました。親は完全無視(申し訳ございません)。そして、撮影した写真は…やくも、うずしお、南風、臨時快速アンパンマントロッコ、快速サンライナー、山陽線普通列車、快速マリンライナー、スーパーいなば、急行つやま、吉備線普通列車(後でそれぞれの写真をここに追加掲載する予定です)。まあ、生で見たことのない列車がたくさん来たので、ついつい興奮して、本来の目的すら忘れるところでした。
そして、伯備線直通の新見行きに乗り、新見を目指す。岡山を出てすぐ、スタンプを押し忘れる痛恨のミスをしていたことに気づきました(35分もあったのに!!)まあ、また来ることもあるだろうから、我慢。
そして倉敷を出ると電車は伯備線に入り、ここからは単線。途中、列車交換で何度か止まりながらも、伯備線の雄大な景色を楽しむ。僕は過去乗った路線の中で、長時間乗ってても全く飽きなかったのはこの路線が初めてです。山の中を走る割にトンネルが少なく、川沿いを走るので、3時間(乗換含み3時間40分ほど)の伯備線の旅は、楽しみ続きでした。
さて、伯備線全体の説明はしたので、途中立ち寄った駅や、列車交換で見た駅などのことを紹介します。
まず、伯備線で乗換のため立ち寄った新見駅。2面4線とこの辺りの駅にしては大きいが、周りは風情のある田舎町。40分あったので、駅から少し出たり、姫新線や芸備線の時刻表を見てみたりする(僕も親も絶句する本数の少なさ!!)。そして、岡山で押し損ねたので、今度こそと思いスタンプを探す。が、ない。そうすると、駅員さんがそっち系のヤツだと察知したのか「スタンプですか?」と聞いてくれ、スタンプを出してくれた。やっぱり、田舎の駅員さんは優しいですね。こんな情けない僕の趣味をちゃんと分かってくれている(ん?駅員なら当然か?)のは本当にありがたい。そこいらの何も知らないくせに人を非難することばっかする馬鹿どもとはえらい違い(本当にありがとうございます)。
そしてここから米子行きのワンマン列車に乗る(なんとここから翌日の園部駅まですべてワンマン列車)。出発後ほどなくして、運良く牛山隆信さん著の「秘境駅に行こう!」に乗っている布原駅に運転停車。本に書いてある通り、周りに人家はほとんどなく、伯備線にありながら芸備線の直通列車が停車するだけで、あとは普通列車でもすべて通過。それだけにここの駅名標を窓越しとはいえ撮ったり、駅をじっくり眺められたのは、かなりのラッキーでした。特急との待ち合わせが終了したら、すぐ発車。しばらく川沿いの線路をゆっくりと走る。しばらくすると、またまた「秘境駅…」に乗っている新郷駅に停車。さすがにホームに降りる時間はなかったんですが、駅名標を窓越しに撮影。ここも周りに人家はほとんどない。陰陽連絡の大動脈線とはいえ、沿線はかなりの田舎で、新見からは本数もかなり少ないので、特急列車がなければかなり寂れた状態になってただろうとつくづく思いました。
そして、きれいだった川とも別れ、平野に出てくると、大山が見えてくる。さすがに伯耆富士と言われるだけあって、風格がある。
そしてしばらく走っていると、伯耆大山駅に到着。そこで8分の乗換。スタンプは押す。そして鳥取行きの列車に乗る。ここからは非電化で、鳥取までの距離は100?を切っているのに、所要時間は2時間越え。国鉄型キハ47形列車だったのでしっかりしたつくりなのかあまり振動は伝わってこないものの、2時間ちょいはつらい。海は見えた。景色もよかった。山陰も捨てたもんじゃない。でも、さすがに遅すぎます!!あまりにもつらいので、気分的に途中の長時間停車駅でホームに何回か降りる。まずは、山陰最古の駅舎(らしい)のある御来屋駅で下車し、周りを散策。確かに駅は立派だが、他に何があるかと言われても思いつかない。そして途中の倉吉駅では13分の停車時間だったので、スタンプを押す。
時間ないので続きはお楽しみに。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:20 | comments:1

COMMENT

関西圏で放映

CBC制作「ノブナガ」に出演
http://mashylion.exblog.jp/9289618/

地獄のドバイの作者がテレビ出演しましたよ。

| よっちゃん | 2008/08/14 14:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

にほんブログ村 鉄道ブログ 学生鉄道ファンへ
2ちゃんねる から子供たちを守ろう!









IMG_1041.jpg

ベスト進学ネット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。